『ウニヒピリ』というホ・オポノポノの本

『ウニヒピリ』というホ・オポノポノの本

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則
かわいい ブログランキング






『ホ・オポノポノライフ』を 読んだあと、
ふと、『ウニヒピリ』が、気になり、
あらためて、読み返しました。



(すでに、ご存知かもしれませんが、
ホ・オポノポノでいう ウニヒピリは、
潜在意識・インナーチャイルドのこと と定義され
「記憶」を 管理する役割を
一手に 引き受けている と されますが、

一般的に 使われる 
インナーチャイルドの概念とは やや異なります。)






実は、わたしは、
2010年8月に、
この本を はじめて読んでおり、

その時は、
書かれている内容に
ほとんど ついていけませんでした。






ウニヒピリの ケアや、
絶え間ない クリーニングが、
ただただ、大変なこと にしか思えず、
心の負担と プレッシャーを 感じましたし、

「4つの言葉を ただ 唱えるだけでいい」という、
ホ・オポノポノの 当初の 単純明快なイメージとの間に
ギャップと 矛盾を感じ、
混乱も しました。






それゆえに、
ホ・オポノポノに 正面から 取り組まず、

とりあえず、
『ウニヒピリ』に 書かれていることは
横に おいておいて、
「エンドレスありがとう」を 実行した、
とも いえるかもしれません。






たぶん、
「記憶」が 山積していると、
“そこ”に 情報があっても、見えなかったり、

「記憶」を通して ゆがんだ形で 受けとめてしまう、
と いうことなのかも しれません。

その頃の わたしは、
ウニヒピリ
〜「広義のインナーチャイルド」に 関わる 情報を
受け取れる状態 ではなかったのだと思います。







いま 読むと、
以前には、
心の負担・プレッシャーでしかなかったのに、
“道を整えて、日々を 生きる”感じがして、
心づよさや、安心感を 感じます。


また、
ヒューレン博士が、
クリーニングによって、「シールドを張る」
と、おっしゃる感覚も、とてもよくわかりました。







あらためて、読みなおしてみて、
ウニヒピリ』は、

日々 生じうる 疑問に対しても、
役立つ アドバイスが 書かれている、

“とても 具体的な 実践の手引き書”
とも なりうる 内容だったことに、気づきました。






本書は、
インタビュアーの 平良アイリーンさんを介して、
ヒューレン博士と、KR女史の発言が、
活字化された 構成に なっているのですが、

お二人の、
日々の ホ・オポノポノの 実践のあり方や、
視点・姿勢そのものが、

さまざま 生じうる、
実践上の 疑問に対する 答えにも なっています。







非常に、豊かな内容のため、
概要を お伝えすること自体、むずかしいのですが、
ひとつだけ。


長い間、「愛しています」を 言い続けても、
何も 変化がなかった女性に、
KR女史が、シェアされた方法を。

ウニヒピリ
P.96〜
彼女は 長いあいだ
「愛しています」だけを 言って
何も 変化が ありませんでした。

ある日、

一つ言ったら 出てくる ウニヒピリの声を 受け取ってから
次に進む
と いう方法を シェアしたところ、
Aさんは このように クリーニングしてみました。




できるだけ 多くのタイミングで
ウニヒピリに 話しかけるようにした。

「今、元気?」と ウニヒピリに 話しかけてみた。
     ↓
「……」と いう返事だったので、
「愛しています」と 話しかけた。
     ↓
すると 疲れが でてきた。
疲れている という 記憶を
ウニヒピリが 再生してくれたことに 気づいた。
     ↓
「愛しています」と 言って、
その 記憶を クリーニングした。
     ↓
昨日 上司に怒られたことを 思い出して
「悲しい」と いう感情が でてきた。
     ↓
「悲しい」と いう 記憶を
ウニヒピリが 再生してくれたことに 気づいた。
     ↓
「愛しています」と言って、
その 記憶を クリーニングした。
     ↓
お母さんへの いろいろな感情が 出てきた
(愛しさ、怒り、恨み、反省などなど)。
     ↓
お母さんへの いろいろな 記憶を
ウニヒピリが 再生してくれたことに 気づいた。
     ↓
「愛しています」と言って、
その いろいろな記憶を 一つひとつ クリーニングした。
     ↓
お父さんへの いろいろな感情が 出てきた
(憧れ、失望、劣等感、同情などなど)
     ↓
「愛しています」と 言って、
その いろいろな記憶を 一つひとつ クリーニングした。
     ↓
小さいころ、実家のあった田舎で
大けがをしたことを 思い出した。
     ↓
そのときの 痛みや恐怖 という 記憶を
ウニヒピリが 再生してくれたことに 気づいた。
     ↓
「愛しています」と言って、
その いろいろな記憶を 一つひとつ クリーニングした。
     ↓
「田舎に帰ろう!」と 思いついた。
     ↓
ウニヒピリが
「田舎へ帰ろう」と 自分が思いついた という
記憶を 再生してくれたことに 気づいた。
     ↓
「愛しています」と 言って
何度も 何度も そのことを クリーニングした。



その結果、彼女は
「田舎へ帰る」と いう
インスピレーションを 得ました。
          … 略 …

これは、ウニヒピリのケア、
そして、
インスピレーションを得るまでの
プロセスの 一例です。









今回 この部分の 記述を 読んだときは、

“自転車を こぐように、一回一回 ペダルを踏んでいく”
という、クリーニングの意味
〜“ひとつ ひとつ
出てきたものをクリーニングする” やり方が、
とても 具体的に 書かれているので、
ありがたいな、と思いました。






けれども、
上記の 手順を お読みになったときに、
以前の わたしのように、
心の負担や、
面倒さを 感じられる方も、いらっしゃると思います。


そのときは、
けっして、無理を なさらず、

とりあえず、
エンドレスありがとう など、
ご自身が、続けられる方法で、
お続けになるだけで いいのではないか と 思います。





ホ・オポノポノの発想に、心惹かれ、
「クリーニングしよう」と 思われた方なら、

できるやり方で、
とりあえず、続けていかれると、
クリーニングが 功を奏し、
いつのまにか、ご自身が、変化していきますので。







ウニヒピリ』は、
ホ・オポノポノ ライフ』同様、
ある程度 クリーニングが すすんだ状態で 読まれると、
より深く、
その価値と、意味を
感じ取れる本のように 思います。

たぶん、これからも、
何度も 読み返したくなるであろう 一冊です。



【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 00:00 | ■ホ・オポノポノ ホ・オポノポノ関連の書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

ホ・オポノポノのブルー・ソーラー・ウォーター A

ホ・オポノポノのブルー・ソーラー・ウォーター A

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則






以前の記事と、やや、重複しますが、
ブルーソーラーウォーターを
はじめて、作ってみよう、使ってみよう、
と いう方の 参考になれば。






◆使用する容器
→ 青い ガラスのびん + 金属以外のふた

青い色は、濃くても薄くても よいそうです。
ガラスのびん であること。 
ミネラルウォーター、ワイン、ビール、お酒などの
空き瓶で、OKです。

ペットボトルは 青色でも ×です
※ できあがった ブルーソーラーウォーターを
ペットボトルに 移しかえて 持ち運んだり、使う分には
問題ありませんが、
「作るとき」には × です。







公式ボトル、
ホ・オポノポノ Ceeport ブルーボトル
も 販売されています。

キャップに CeePort の 印字があり、
太陽光に さらさなくても、
水を いれるだけで ブルーソーラーウォーターになるようなので
(※ とんとんさんのブログ記事を 参考にさせていただきました)
便利ですが、
720mlびん 2000円、 1800mlびん 3000円と、
ちょっと お高いので、
何本か 使うとなると。。。








わたしは、
炭酸なしの、ミネラルウォーター、
パラディーゾ ナチュラーレ 750ml』(1本 292円)を
12本、購入して、
毎日、大体、10本 作って 使用しています。
(※ できあがった ブルーソーラーウォーターを
 希釈して使用しても 効果は 変わらないようです。 
 なので、ふつうに お使いになる分には、
 そんなに 必要ないかもしれません。)


深い ブルーの色が きれいで、
安定感ある、しっかりした ボトルなので、
ベランダに 並べていても、
風などで、倒れる心配が ありません。





ただ、
キャップが 金属のため、
ふただけ、別に 用意する 必要があります。
(ラップ + 輪ゴムでもOK)


使える ペットボトル のふたですが、
パラディーゾの場合は、
炭酸飲料系で 使われている、
ふたの裏が水色」のものが、ぴったり合うようです。
(ファンタ・MATCHなど)

お茶系統のボトルのふたは、合いませんでした。









◆使用する水は、
水道水でも、ミネラルウォーターでも
かまいません。

太陽の光の下に、
30分から 1時間程度、さらします 。
曇りの日でも、大丈夫なようで、
白熱灯の光でも 代用OK(蛍光灯の光は NG)との事です。



わたしは、今のところ、
太陽光 オンリーで 作っており、
太陽にさらす時間も、平均、5〜6時間以上と、長めです。

お住まいの地域の
水道水に含まれる 塩素の量にもよる と思うのですが、

わたしの場合は、
とりこみ忘れて 一昼夜 太陽に さらしたものの方が、
1時間程度 さらしたものより、
まろやかで おいしくなっていたため、
けっこう長めに 太陽に あてています。







◆ブルーソーラーウォーターの 使い道ですが、
「水」を使う場面では、ほとんど、使用しています。


・そのまま飲む
・ジュース お茶などに入れる
・ポットのお湯に使う (沸かしても、効果は変わりません)
・製氷用の水として使う
・お米の炊飯
・洗濯機に入れる
・お風呂に入れる
・拭き掃除に使う(スプレーして使用)
・スチームアイロンの スチームの水
・植木の水やり
・植木の葉っぱに霧吹き
   etc






普通のお水だと、わたしは、
とても そんな 多量は 飲めないのですが、

ブルーソーラーウォーターは、
体の中に すーっと入っていく感じで、
2リットルでも、3リットルでも、おいしく 飲めます。

水道水で つくっているのですが、
組成が 変わる と思われ、
まろやかな味・やわらかな感触の水に
変化しています。








ブルーソーラーウォーターも、
ご自身が、
「作ってみよう」「使ってみよう」
と、思われたら、
試してごらんになるといいのでは と 思います。




いろいろな クリーニングツールがありますが、
必ずしも、無理に、
使わなければならないわけでは ありません。

“惹かれたときが、使いどき”、
なのだ と 思います。


私自身、
いま、現在、
ブルーソーラーウォーターは、
日々の クリーニングの
こころ強い 味方に なっていますが、

最初の頃は、
とりたてて、使いたいとは思いませんでしたので。

(※ 楽天の 酒の谷口 さんは、
ブルーソーラーウォーター作りに使える、
ブルーボトル入りの ミネラルウォーター数種を
(パラディーゾの他にも、ガルヴァニーナ、ティナントなど)、
販売しておられます。

送料は かかりますが、1本から 購入でき、
適合する ふたも 販売しておられますので、
もしも、どうしても 近所で みつからないときは、
ネット購入されても いいかもしれません。)


【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 08:21 | ■ホ・オポノポノ ブルー・ソーラー・ウォーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

『ホ・オポノポノ ライフ』という本

『ホ・オポノポノ ライフ』という本

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則




ホ・オポノポノライフ」は、
KR女史 〜カマイリ・ラファエロヴィッチさんの 著書です。





実は、ここ最近、
ホ・オポノポノのクリーニングに、本腰を いれています。

といいますか、
クリーニング・ツールをかなり取り入れています。

消しゴム付き鉛筆や、ロッテグリーンガム、
ブルーソーラーウォーターも 毎日つくって、
飲むのはもちろん、そうじ・洗濯、植木の水やりまで、
生活全般に、使っています。






その流れの中で、
なんとなく 惹かれて この本も 購入したのですが、

漠然とですが、
ちょうど、今 知りたかったこと 〜必要としていたことが
書かれていました。






クリーニング(的なこと)を やりはじめる きっかけは、
人それぞれだ と 思うのですが、

たとえば、苦しい現実が あって、
「その現実」を なんとかしたい、
という思いから
スタートされる方も 多いのでは ないでしょうか。





そして、
はじめて しばらくの頃は、
「その現実」を なんとかしたい、というような、
比較的 大きなくくりでとらえた 対象にむけて
クリーニングするだけでも、
十分に、効果を 体感できます。

(例えば、不快な 体験を した場合に、
「こんな 経験をするのは、
自分の中に どんな記憶が あるからだろう」
と、ちょっと 意識して、
その部分に むかって、
クリーニングの言葉や、× をつける感じです。


願望実現法 ではありませんので、
自分の思い通りになる、と いうのとは違いますが、
気がつくと、
物事が スムーズに 展開しています。)







わたしは、ホ・オポノポノのセミナーは 行っていませんし、
本の 情報だけを もとに、
しかも、純然たる ホ・オポノポノを 実践していたわけでもなく、
エンドレスありがとうを 実行していたのですが、


当初、ヒューレン博士が、
「クリーニングのために 存在している」
と、おっしゃっているのを 読んだりしても、

「とうてい そんな境地には 至れない」
と、思っていました。





いまも、そこまでの思いは、まだまだ、もてませんが、

クリーニング(私の場合 エンドレスありがとうですが)を、
つづけていくうちに、
知らず 知らずのうちに、自身が 変化しており、

クリーニングすべきことも
だんだん 深く、
より 細部に わたっていくのかもしれません。






そのタイミングで 読んだのが、この本でした。






書かれている、
こまかな、クリーニングのステップや、
事前・経過中など 丁寧にクリーニングして 物事を行うあり方、
ふと、浮かんできた 映像等に対しての クリーニングなど、

「ああ、やっぱり 
 そこも クリーニングする場面だったのね」
と いう感じで、
とても、しっくりきました。





最初の頃なら、きっと、
「そこまで やらなければ ならないの?」
と いう受け止め方しかできず、
負担に 感じたと思うのですが、


クリーニングの 大切さ・効果を
すでに 実感してきていることと、

体の 深い部分で、
クリーニングすることが 当たり前の感覚に なっており、
内側から 必要性が わかるようになっていたゆえに、
すんなり 納得できたのだ と思います。






たぶん、
クリーニングの すすみ具合によって、
必要な情報も 異なり、
受け止める 自分の中も 変化していくのでしょう、

今、読んだから、良かったのだ と思います。






個人的に、わたしの場合は、
日常生活で、ふっと 出てくる かすかな 感情や、
瞬間的に うかぶ 映像などは、

たいしたことじゃない、と いう感じで、
ほとんど 無意識のうちに、
抑えこんだり 無視して、
流して 通りすぎてしまっていたことが 多かったのです。

また、
項目を ひとつひとつ ピックアップして、
丁寧に クリーニングしていく やり方も、
思いつけませんでした。





この本には、
「こういうとき、こういうポイントで、クリーニングすればいい」
ということが、
具体的に かなり細かい部分まで 書かれています。


たとえば、
「転職をしたい」、というQ&Aでは、
ホ・オポノポノ ライフ
P.100〜103
まずは、
その仕事を 辞めたいという、
あなたの想い、感情、思考などの 体験。
そして、そう考えさせる 情報など、
思いつく限り クリーニングしていきます。

「報酬が 少ない」
「商品が 売れない」
「気の合う同僚が いない」
「どんなに 頑張っても 評価されない」
 会社の名前
 会社に 勤めた年数
 社長や 上司の名前
 会社の 創立日
 会社の 住所
  社員の 名前(わかるかぎり)


ご自分が 知っている クリーニングツールを 使って、
体験として 現れる限り
何度も クリーニングしていきます。

クリーニングを 続けていくと、
さらに 多くの 別の悩みや 不満も
時には でてくるかもしれませんが、

それも ちゃんと クリーニングします。


自転車を こぐように、一回一回 ペダルを踏んでいく。
そうすると、
ウニヒピリは ちゃんと
クリーニングすべき記憶を 一つ一つ 見せてくれるので、

あなたは どんどん それに対し クリーニングをし、
自由に なっていくことが できます。


会社を 辞めていくような 動きを
自ら 自然と はじめるかもしれません。
または、
クリーニング しているうちに、
突然の 昇進が あるかもしれないし、
別会社から 突然 オファーを 受けるかもしれません。


クリーニングをする というのは、
そこにあった 滞りや隔たり(記憶)を お掃除することです。
記憶が 消えると、
そこに あるのは、
あなたにとって ベストな 場所や人間関係です。 








本にも、
“読まれるべきタイミング” が ある
と 思うのですが、

この『ホ・オポノポノ ライフ』は、
クリーニングを はじめたばかりの頃に お読みになると、
人によっては、
自身の内側に、
そこまでの 必要性を 感じとれないためもあって、
負担に 感じられるかもしれません。



ホ・オポノポノや、ホ・オポノポノ的クリーニングを、
ある程度 つづけて 実践してこられた方が、お読みになると、
内容の 意味するところや、
その良さ・豊かさが、
しみじみ 実感できる本だ と思います。

優しさに あふれる 一冊です。


【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 18:32 | ■ホ・オポノポノ ホ・オポノポノ関連の書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。