脳の地図を書きかえる〜石浦章一さんの『30日で夢をかなえる脳』

脳の地図を書きかえる
〜石浦章一さんの『30日で夢をかなえる脳』

石浦章一さんは、分子認知科学が、ご専門ですが、
脳に関連する著書を、何冊か、書いておられます。

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい 人生・成功哲学ブログランキング




その中の一冊、
「30日で夢をかなえる脳」で、

* 脳の地図を書き換える、という概念、
* それに必要な時間は、約30日だということ、
* そして、30日続けるため、脳に「ごほうび」が必要だという意味
についてなど、
「引き寄せの法則」を、実践していく上でも、役に立つことが、
いくつか書かれていました。





30日で夢をかなえる脳」 
P.0(はじめに)〜

『では、
どうすれば 脳のしくみを 変えることができるのでしょうか?

話を わかりやすくするために、
脳の中には たくさんの 道路が通っているのだ
と考えてください。
           … 略 …
これまで 使っていなかった新しい道路をつくり、
情報が そちらに流れるようにする。
           … 略 …
この新しい道路ができるのに、
およそ30日かかる というわけです。』




P.22〜
『わかりやすくいえば、
脳の地図が 書き換えられた、ということです。 

… 略 …
これは 比喩的な意味で 変わるといっているのではなく、
脳のつくりそのものが
30日間で 物理的に変わってしまうのです。

… 略 …
わたしたちの脳とは がっちり固定されたものではなく、
環境や経験によって 自在に変化していくのです。

こうしたはたらきのことを、
専門的には「脳の可塑性」といい、
およそ30日程度で 変化が出てくることが
確かめられています。』









たとえば、
新しい現実を、引き寄せたくて、
願いが叶ったイメージや、
願いにフォーカスする、書き出し等を、実践しはじめても、
思うように、現実が動いてくれないように 感じる時、
途中で、あきらめてしまったこともある と思います。



よく、
“潜在意識に、新たな情報をインプットするには、21日間かかる”
と、言われますが、

石浦さんによれば、
“30日続ければ、脳内の地図が 変化する”のであり、
それは、検証されて、結果がでている情報なのです。

つまり、
願う結果を、引き寄せるため、
思考を変えたり、意識の焦点を変えることについても、
「30日」継続すれば、
新たな「脳内道路」が、出来るわけです。




何事につけ、
“三日坊主”で続かない、というとき、
原因の一つに、「先が見えない」ことも、あると思います。

強靭な、意志力の持ち主は、別ですが、
全然、手ごたえもなく、効果も見えない時、
どうにも頼りなくて、熱意も薄れ、
フェイドアウトしてしまうことも、多いと思います。



そんなとき、
「30日で、脳の中に、新たな道をつくれる、
必ず、変化するのだ!」
と、“わかって”いれば、
心強いですし、
迷いなく、やり続けられるのではないでしょうか。

(自分自身を、納得させ、説得できる、ということが、
 実は、とても重要です。)





また、
「脳が、飽きてしまう」ということも、
続けにくい原因の、一つですが、
この点をクリアするために、
『脳には ごほうびが必要』だということ、
この情報も、参考になりました。

というのも、
「自分に、ごほうびをあげる」と いう事自体は、
複数の成功法則・自己啓発書でも、書かれていますが、
“情緒的な 元気づけ”
という程の、印象があって、
それほど、重視していなかったのです。


石浦さんのおかげで、
それが、
単なる、情緒的な レベルのものではなく、
意図的に、脳をコントロールしていくための、
大変、有効な手段であることが、わかりましたし、 

「脳にとっての報酬」の、内容についても、
よくわかりました。







石浦さんは、
唯物論的なアプローチ、といいますか、
宇宙の法則や、スピリチュアルな領域とは、
一線を画しておられるような、印象が あります。
ですので、
30日で夢をかなえる脳」の内容も、
既存の枠組みの中での、知識情報、教養の方が多いのですが、

第1章は、
宇宙の法則を、活用するとき、助けになります。


【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 00:17 | [人名 あ行] 石浦章一さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。