『THE SECRET OF THE SHADOW』自分の影の部分が真の自分を生かす

『THE SECRET OF THE SHADOW』原題(自分の影の秘密)、
日本版タイトルは、
「人生の意味を知るスピリチュアル・セルフ」

引き寄せの法則とは、ちがいますが、
これもまた、非常に重要な視点を、
教えてくれた、すぐれた本です。



全ての人がもつ、その人の“光”を、
傷つけられたり、奪われることがこわくて、

人の前で、仮面をかぶり、
物語を つくりだし、
その中に とじこもってしまうことが あります。
わたしも、本当にそうでした。

ここで、“物語”というのは、
たとえば、
  「かわいそうな私」とか
  「誰もわたしを愛してくれない」
というように、
自分にとって 役にたたない定義づけをする意味に近い、
と思います。

「自分は、〜である」と決めて(つくって)しまうことで、
それ以外の可能性を、閉じてしまいます。

 

そのうちに、
仮面の自分に なじんでしまい、
つくりあげた物語にも、なじんでしまって、
身動きが とれなくなるのです。


「何かが、おかしい」、
「何か、ちがう」、と 感じているけれど、
自分が一体、どこにいるのか、どうすればいいのか
本当に わからなくなっていました。





著者デビー・フォードさん自身、
幼いころから、強い不適合感
(愛されていない、望まれていない、居場所がないという感覚、)
に 苦しみつづけた人です。

まわりの人に、愛され、受け入れてもらう為に、
自分を偽り、演じつづけ、
その苦しみに たえられず、薬物依存にまでなります。

その苦しみに、共感しました。
わたしも、ずっと、
この世界には 自分の 居場所がない、と、
感じ続けてきましたので。








彼女は、
グループセッション(心理療法のひとつ)を受けているとき、
参加者が、それぞれ、
自分の人生について 話すのを 聞きながら、

その人達(そして自分も)が、
『ひどい歌を 何度も 何度も くりかえす
壊れたレコードのよう』
であり、
『自分で自分を 袋小路のような物語にとじこめている」
こと。

自身も、同じように、
もう 何百万回と 聞いた 自分のライフストーリーを
心の中で 何度も くりかえしている』

と、いうことに、 気づきます。



そのときから、
デビーさんの旅が、はじまり、

そこから 抜け出した彼女は、
「自分の影の部分、シャドウ」に、光をあて、
影の真実の姿 =その人のかけがえのない宝物 
に、命を与える方法を、
語り、伝え続けておられます。

スピリチュアルなコーチングをし、
複数の著書も、出されました。








これは、
本書の 内容の 一部です。
* あなたの ライフストーリーには 人生の目的が秘められている
* あなただけのための 人生のレシピがある
* なぜ 否定的なストーリーに しがみついてしまうのか
* 自分の力の 取り戻しかた
* 自分を 受け入れ 愛するためのプロセス
* 自分にしかない 長所を 引きだしなさい
* あなたの素晴らしさを 解き放つストーリーの秘密
 (抜粋)







読むたびに、
そのとき 必要なメッセージを 受け取れるのが
本の素晴らしい所ですが、

わたしは、この本からも、
そうやって、多くのメッセージを
受け取ってきました。



P.253〜に、

何年もの間
自分を 愛せず、無価値感に 苦しみつづけ、
何十回も カウンセリングを 受け続ける
一人の クライアントにむけて、

その人の 真実の姿が 見えていた デビーさんが、
投げかけた言葉があります。

『あなたの物語は、どんな秘密を隠していますか?』

この 問いを、
頭ではなく、魂に 問いかけたときに、
予想もつかない言葉〜

〜長い間、その人が、
自分を とじこめてきた物語の 対極にある、
魂からの、真実の言葉が、
その人の口から、あふれだしました。



そして、私の、心の深いところからも。



この本は、
真実の 自分を 閉じ込めてしまう、
「古い物語のストーリー」を 捨てて、
ほんとうの、自分の光を 取り戻していくとき、
助けになってくれる、一冊です。


■他にも、この本を書いておられます
* 「嫌いな自分」を隠そうとしてはいけない

【スポンサーリンク】



→△引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つこと
posted by となりのポン太 at 15:45 | [人名 た行] デビー・フォードさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。