『宇宙にお願いすれば、どんな願いも叶う!』 という、スティーブン・リチャーズさんの本

『宇宙にお願いすれば、どんな願いも叶う!』という、
スティーブン・リチャーズさんの本

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい 人生・成功哲学ブログランキング





この本の原題は、『Cosmic Ordering Guide』。

スティーブン・リチャーズさんは、
虐待されて育ち、11歳になるまで読み書きもできず、いじめられ、
そのあとも、
仕事を首になり、妻に裏切られ、親友に自殺され、etc
人生でおよそ考えつきそうな、悲惨な出来事を数多く体験した後、
宇宙の法則を知り、
そこから、人生を好転させた人です。

催眠療法士であり、セラピストでもありますが、
作家、映画監督&映画プロデューサー、出版、イベントプロモーター、
ジャーナリスト、メディアコンサルタント等 
数多くのジャンルで活躍されているようです。



本書の文体、タッチは、
独特のジョーク、辛辣さが ちりばめられた言い回しで、
いわゆる「宇宙の法則」や 精神世界の書とは、
ずいぶん イメージが 違います。








「宇宙の法則」について、
スティーブンさんの方法が 言及されている部分は、
P.138〜 P.165が 中心になる と思います。


「宇宙にお願いする9つのステップ」として、

1.静かに思考を深めることができる場所に 移動する
2.リラックスする
  (自分の心身をくつろがせる)
3.自分自身と 一体化する 
  (内なる自己に 意識を集中させていく)
4.さらに リラックスできる 環境を作る
  (他の人から、邪魔されないような環境に身を置く)
5.好きなことをしている自分を 思い描く
6.どこまでも ポジティブになる
7.ネガティブな考えを 取り除く
8.あらためて 思考を深める
  (目を閉じ、呼吸に意識をむけ、望む思考に集中する)
9.宇宙と つながる
  (松果体と下垂体の中間あたりに(第3の目)意識を集中させる)



「5.の 好きなことをしている自分を 思い描く」は、
好きなことをする 自分のイメージを、
願いを叶える道具 として使う、
と いうやり方です。


たとえば、
サッカーが 好きならば、
サッカーボールを 願いに見立てて、
宇宙にむかって つぎつぎに ボールを蹴り上げるなど。









そして、
スティーブンさんは、
「自己催眠」を使用する やり方も すすめておられるのですが、

P.145以下で、
催眠や、自己催眠の、
誤解されがちな点の、説明に はじまり、
自己催眠を 用いる手順についても、
やはり、9つのステップで、簡単に 説明されています。








自己催眠については、
以前、 『願いがかなうクイック自己催眠』と いう本を、
ご紹介したことがありますが、
わたし自身は、
効果のある、良い方法だ と 思っています。


※ もし、自己催眠を実践されてみたいという方は、
本書の説明は、
たいへん、簡単なものですので、
前述の
フォーブズ・R・クレアさんの
願いがかなうクイック自己催眠」を
おすすめします。

手順、前後の説明ともに、大変 詳しく書かれていますし、
「書く」「読む」と いう方法を使い、
完全に、ひとりで実行できる 内容ですので。









また、下記のような、
願いを伝えるための“宇宙へのメッセージ”も、
いくつか、載っています。
宇宙にお願いすれば、どんな夢も叶う!
P.161〜
『裕福になるためのメッセージ」

宇宙へ。
わたしは すでに 豊かな知識を手にしていて、
いまの収入で 生活して いくことができます、
お金が 必要になっても
食べるのに困らないだけの 蓄えもあります。

わたしには お金を 稼ぐ力が あります。
経済力もあり、成功を手にする力も あります。

これから お金が わたしに 流れ込んできますように。
いまも そして これからも、
わたしは チャンスをつかんでいきます。

この宇宙は、わたしたちには ありあまるほど豊かです。
わたしは 一歩一歩進みながら 願いを叶えていきます。

わたしに 理想的なチャンスが やってきますように。
わたしは 人生の ひと時ひと時を
幸運に恵まれながら 過ごしていきます。

わたしは
宇宙が届けてくれる 豊かさを
受け入れる心の準備が できています。

わたしは 幸せを引き寄せる 磁石になります。

わたしの人生は よりよい方向に 変わっていきます。
持ち前の 意志の強さが さらに 増していきますように。

いまこのときから 物事が好転して、
わたしの人生が 思い通りに 進んでいきますように。

わたしからの メッセージはこれで終わりです。
ありがとうございます。』








この本は、
タイトルからは、
ピエール・フランクさんの本に 近い印象を、受けますが、
似たテーマを、とりあげながらも、
ほとんど 別ジャンルの本に、仕上がっています。

(あくまでも、個人的な 感想ですが、)

★“宇宙へのお願い”に ついての、
具体的な方法論・ポイントを知りたい方、

★さまざまな人の(成功・不成功の)体験談によって、
実際にどうすればいいか、励ましや、サンプルが欲しい方、
にとっては、
ピエール・フランクさんの 著作の方が、
より、適しているように 思います。





最終章、
『どん底からの復活劇』をふくめ、
スティーブンさん 独特の、
“風刺のきいた、シニカルな体験的コラム”、
と いっていいかもしれません。



【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 15:17 | [人名 さ行] スティーブン・リチャーズさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。