穴口恵子さんのスピリチュアルなセルフコーチング入門書

穴口恵子さんの「あなたが幸せになるという宇宙の必然」 
という本を読みました。



穴口さんは、
「スピリチュアルと、リアリティの統合」
をコンセプトにされ、
人材育成コンサルタントや、
スピリチュアル関連のプロデュース、翻訳もなさっています。

天使を味方にして幸せになる方法
も穴口さんの翻訳です。
その穴口さんの本だったので、
興味をもって、購入しました。




読んでみて、
全体的に、バランスよく、さらっと書かれており、
スピリチュアルなセルフコーチングの入門書、
という印象をもちました。


全体の装丁もですが、
ページは、かわいいイラストが入り、
「夢が叶う魔法のシール」がついていたり、
ページ数も160ページ弱、
文字数も、抑えられて、
コンパクトに、まとまっています。

若い女性むけに
書かれたのではないかと思います。





日常生活で、
「どうしたものか」、
と、けっこう思いなやみがちなポイントをとらえて、
そこから、論を展開され、
ワークもおりまぜられています。



たとえば、
穴口さんご自身、
結婚を約束した相手がいて、
「この人はわたしの人生の伴侶ではない」
と、気づいたにもかかわらず、

「一生添い遂げる」
という約束を破ることへの 罪悪感にまけて、
そのまま結婚。

けっきょく、
自分も、相手も不幸にしてしまった
という体験を、
書いておられます。




日常生活のいろいろなシーンの中では、
五感の刺激があるので、
「外」に意識がむきやすく、

「自分が現実の創造者」だ、
ということを忘れていることがよくあります。

そうすると、
“まわりとの関係”とか、
“相手の気持ち”とか、
そういう「外」のことばかり考えるので、

完全に、自分との調和を忘れて、
罪悪感から、行動したりしてしまいます。



そういうとき、
エイブラハムの、引き寄せの法則的には、
まず、「感じているものをセンサーとして
自分との調和をととのえる」
ということになりますが、


穴口さんは、
「ポジティブに手放す」という
切り口から、
自分と調和する方法を書かれています。



P.105〜

『 あなたを傷付けた人を
自分の人生に 呼び続けることを やめましょう。

かかわることをやめることも
選択のひとつだということに 気づいてください。

決して、同情や罪悪感で 自分をごまかさないでください。
その人を受け入れないことが 悪いことだと思わないでください。

あなたを傷つける人を、
あなたの人生から 手放すことを始めてください。

関係を終わらせること、かかわらないことは、
決して 相手の存在を 否定することでは ないのです。

… 略 …

マインドが それを拒否しているにもかかわらず、頭で考え、
関係を 保とうとするのです。

… 略 …

あなたに かかわったすべての人が、
これからも ずっと必要なひととは限りません。
その中には あなたに気づきや学びを与えるためだけに
存在する人もいます。』




エイブラハムの
「引き寄せの法則」シリーズが好きで、
愛読しているヘビーユーザー(?)には
あっさり軽く書かれているので、
ちょっと物足りないかもしれませんし、
微妙に視点も違うのですが、


「本当の自分」を取り戻すために
必要なこと、大切なことを、
優しく、わかりやすく書かれており、

バランスのよい入門書
と言えるのではないかと思います。


あなたが幸せになるという宇宙の必然

■こちらは、無料でもらえます。よかったら、どうぞ。
→ ジェームス・スキナーが贈る、「成功の9ステップ」

【スポンサーリンク】

posted by となりのポン太 at 04:00 | [人名 あ行] 穴口恵子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。