タツコ・マーティンさんの「うれしい奇跡を起こす方法」

Dr.タツコ・マーティンさんの「うれしい奇跡を起こす方法」も、
たのしい 宇宙の法則の本です。
かんき出版さんから 2008年2月に出版されています。





タツコさんは、
「引き寄せの法則」ではなく、
「こだま(エコー)の法則」と 呼んでおられます。

内容的には、
エイブラハムの「引き寄せの法則」とも共通する
「宇宙の法則」を説いた、
とても わかりやすい本です。







「ネガティブを ポジティブに言いかえる」のは、
慣れるまで、
なかなか うまくできないのですが、

具体的な 例文が たくさん載っていて、
「引き寄せの法則」を 実践しはじめたばかりのときには、
とくに、役立つのでは、と思いました。




アファメーションの 言葉の使い方や、
たとえば
理想のパートナーの 条件リストも
「あ、なるほど」と 思うサンプルが
たくさん 載っています。



うっかりすると
「当たり前だわ」
と、軽く やり過ごしがちな出来事も
「奇跡」と とらえてみる
と いうのも、
実行しようと思いました。








書き方のタッチとして、
「宇宙に 勘違いされる」
「宇宙は…、と 受け取ってしまう」
というように、
宇宙を 擬人化して、
楽しくわかりやすく 表現されている点で、

読み方によっては、
自分とは 別個の“宇宙の意思”が あるように受け取れ、
その点だけ、
すこし 注意が必要かな、と思いました。






誘導瞑想も 含んだ、
“ネガティブな考え癖を ポジティブに変えていける”
CDも ついています。

まだ、数回 聴いただけですが、
プラスの言葉が、
あたたかく 語りかけられるので、
とても 安らぎますし、
静かな力が わいてくるように 感じました。




このCDを 聴いていて、

「ほめられたり、
 能力を認められたり、
 可愛いといわれたり、
 大切にされ、温かい言葉をかけられること」が、
社会人の、普通の日常では
どれほど 少ないかを、
改めて 実感しました。



そして、
自分で 自分に、
そういう 言葉をかけることが
どれほど 大切なことか、も。



ハーモニーベルのCDと 両方 聴いていこう、
と 思っています。








エイブラハムの
「引き寄せの法則」は、
“分厚くて、読む量が多すぎる”とか
“理論的で、かたくるしい、難しい”
と 感じられる場合は、

タツコさんの本を、
一度 手にとってみられると いいかもしれません。


つい、
ネガティブに考えてしまったり、
悩みがちの方は、
いちど、
CDだけでも、聴いてみられると
助けになるかもしれません。






年齢を超えた、
タツコさんの 若さの秘密や、
留学時、海外の大学院に 入学されたときの 奇跡等、
わくわくするエピソードも 楽しめる、
すてきな一冊です。



【スポンサーリンク】

posted by となりのポン太 at 00:00 | [人名 た行] タツコ・マーティンさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。