『バシャール スドウゲンキ』という本

『バシャール スドウゲンキ』という本

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい 人生・成功哲学ブログランキング






バシャール、という宇宙存在や、
チャネリングについて、
ご存じない方も、おられるかもしれませんが、

ワクワクすることを 選択してください
という、かなり有名なフレーズは、
バシャールの、チャネリングメッセージを、
関野直行さんが、
翻訳された言葉です。





「バシャール スドウゲンキ」は、
バシャールと、
元格闘家、須藤元気さんとの対談形式の本です。

須藤さんの質問に対する回答、ですので、
感覚の違いを感じる所も ありますが、
バシャールのメッセージの エッセンスは、
なるほど の部分が
あります。




バシャール スドウゲンキ
P.133〜
『あらゆる儀式、あらゆるツール、あらゆるテクニックは、
「自分自身になってもいいよ」という許可を 
自分に 与えている方法だ
と 理解することです。

たとえば、
瞑想に 惹かれるかもしれないし、
ヨガに 惹かれるかもしれない。 

または、
絵を描くことに 惹かれるかもしれない。 
もしくは、浜辺を散歩することに 惹かれるかもしれない。


人によって
惹かれるものは 違いますが、
そのすべてが 同じ目的を もっています。

それは、
「もっと 本来の自分自身に なっていいんだよ」
という許可を
自分に与える、ということです。』






このあたり、
バシャールらしい情報です。






外から 与えられる
「これが正しい、こうすべき」という
基準に従うよう、教えられ、しつけられてきた人間が、

自分の 内側からくる情報を
選んで、決めて 実行すること自体、
パラダイムシフト
といってもいい、
大きな変化です。





自分が「惹かれている」ことを、自覚できるのは、
内面に、耳を傾けているからこそ
ですし、

「惹かれている」と いう気持ちを 尊重し、
惹かれている気持ちに 従うことは、
自分(の感覚)を 信頼していなければ、
できないことだからです。





ex
 石のパワーに惹かれる人、
 パワースポットに惹かれる人、
 セラピーに惹かれる人、etc






権威ある研究者が、
相反する 研究結果を、発表していたとしても、
誰が、何と言おうと、
笑われ、ばかにされたとしても、

自分の 感覚の方を、
大事にし、
信頼していくことです。


本来の 自分になる許可を、
自分で、自分に、
与えつづけてあげることです。






そうやっていくと、
ちゃんと、
自分のオリジナルルートで、
進めるようになっています。






そもそも、
バシャールの情報や、エイブラハムの情報を、
どう受け止めるかも、
すべて、選択ですし(^^♪。







この本には、
“これから、十数年〜二十数年の間に、
地球は、パラレルリアリティに、どんどん分裂して、
二極化がおき、

ポジティブな 世界に住む人と、
ネガティブな 世界に住んで、
今まで通り、
輪廻転生をくりかえし カルマを解消する、
古いパターンを 選択する人
に 分かれていく”、

と いうようなことも、書かれています。







生まれ変わらなくても、
カルマも 自分で 解消できますし、

「自分が創造主だ」、
というところから、
生きることも できますが、

それを 選択しないことも、できます。



「わたしには、力が無い」
という生き方も、選べる
ということです。






すべて、“選択”なんですね(^^)







今の、物理的な次元の現実でも、

たとえば、地震が起きて、
Aさんは 揺れを感じるけれど、
すぐ隣にいる Bさんは、揺れを感じない、
ということも 起きています。






一見、
同じ空間に いるようですが、
持っている概念、波動によって、
ほんとうは、
違う現実を 体験しているのですね。




・「無限の数の パラレルな地球が、
すでに 存在している」

・「過去も 未来も 現在も、
今、すべてが 存在している」

・「物理的な現実は、投影にすぎない」

・「あなたの 意識の波動が 映し出されたものが、
あなたの世界」





このあたりも、
バシャールが、
繰り返し語ってきている事ですし、
エイブラハムの メッセージにも
通じる と思います。







結構、おもしろい一冊です。


【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 00:05 | [人名 は行] バシャールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。