塩谷信男さん:想念は、物理的条件を超越する

塩谷信男さん
:想念は、物理的条件も超越する。

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい 人生・成功哲学ブログランキング







塩谷信男さんの、著書のなかには、
思考の枠や、限界を、超えさせてくれる、
いろいろなエピソードが載っています。


その中のひとつ、
箱根ホテルの、集客のエピソードは、
複数の著書で、紹介されているのですが、
想念力の驚異―科学・メタサイエンス・宇宙無限力』という、
藤原肇さんとの対談を、書き起こした本のP.66〜に、
一番、くわしく載っています。

(藤原肇さんは『宇宙波動と超意識―宇宙と生命の神秘を探る
の共著者の方です)







そもそも、
箱根ホテルの 老朽化を見た 塩谷さんが、
改築の 提言をされたところから、
話は 始まるのですが、


改築された、
新しい箱根ホテルは、

富士山と芦ノ湖、という、
せっかくの絶景ポイントを、殺してしまうような
設計・建築だったのです。


つまり、
物理的な条件のために、
集客が、
とても むずかしい状態でした。


※ この部分で、藤原さんが、
建造物について、
古代から伝わる、天地との調和を反映させる秘密として、
建物の角度などについて、語っておられます。








「正心調息法」・「想念の力」を使う前、
箱根ホテルは、
新築早々のときから ずっと、
1年たっても、2年たっても、
いつも閑古鳥が鳴く状態で、

最盛期の 8月でさえ、
旧建築の時の、
25%程度の 宿泊客しか なかったそうです。




とうとう、2年目の夏、
塩谷さんは、
箱根ホテルに 宿泊した際、

支配人に、
塩谷さんの著書を 買って、じっくり読み
書いてあること(正心調息法)を、実行するよう
伝えられます。



(偉いな(?)と思ったのは、
ホテルの支配人が、素直に その言葉をきき、
きちんと 実行されたことです。)






そして、その年の暮れ、
その支配人から、

「本に書いてあることを、実行したら、
どんどん、お客様が来られるようになり、
経営が 黒字になったこと、
そして、
業績をあげた事が、評価されて、
自分も、系列のホテルの支配人に、栄転がきまったこと」
を、報告する 手紙が 届きます。






新聞や 雑誌に、
広告を 出したわけでも、
宣伝したわけでもなく、
もちろん、建物を 建て替えたわけでもない。

ただ、支配人が、
1日 20分、
「どの部屋も ふさがった。
 お客が どんどん来て、ホテルは 満員になった」
と、
正心調息法で、やり続けただけで、

突如として、
来る日も、来る日も、
満員御礼の日が 続くように なったのですね。

シーズンオフでも。






この エピソードを読むとき、

『“どうにも変えられない、物理的条件”であっても、
そんなことは、
望む現実を 創って引き寄せることとは、
なんの関係も ないのだ』

と いうことを、
あらためて、思いだすことができます。



そして、
「じゃ、これも、やってみっか〜 (^^♪」なんて、
軽やかな気持ちで、
あらたな引き寄せに、いそしめます。

◆関連記事 
⇒ 塩谷信男さんの『正心調息法』は、正しい心と呼吸が連動した願望実現法
◆『想念力の驚異―科学・メタサイエンス・宇宙無限力

【スポンサーリンク】



引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 12:04 | [人名 さ行] 塩谷信男さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

塩谷信男さんの『正心調息法』は、正しい心と呼吸が連動した願望実現法

塩谷信男さんが、
2008年に(105歳で)亡くなられていたことを
知りました。

塩谷さんは、『正心調息法』という、
呼吸法と連動した、独自の願望達成方法を 説かれました。

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい 人生・成功哲学ブログランキング







少年時代から、
いろいろな 霊的なエピソードがあり、

大人に なられてからも、
いくつもの、願望実現エピソードが ある方なのですが、
その中のひとつ、医院開業時のものを。
(塩谷さんはお医者さんなのです。)







塩谷さんが 医院を 開業されたとき、

世の中は、世界的な大不況(1929年)。
医師に かかる人も 少なくて、
開業しても食べていけない、と いわれていた時代でした。

しかも、
塩谷さんが 用意できた土地は
人通りの少ない 目立たない場所。
こねも、つてもなく、広告や 宣伝をする お金もない。

そんな状況で 開業し、
当然 だれひとり、患者さんは 来ませんでした。




そのとき、塩谷さんが 何をしていたかというと、
ひとり、診察室のいすに すわって、
「患者さんは 必ずくる、どんどんくる」と 確信もって想念し、
さらに、
「玄関に患者さんの履物が、いっぱいならんで、
 待合室にも 患者さんが あふれている」情景を イメージ 

ほんとうに、
ただ、それだけを 実行しておられました。


結果、
ぼつぼつ、患者さんが 来はじめ、
その月の 収支から 黒字になり、
その後も、どんどん患者さんが、ふえつづけました。

けっきょく、
東京でも、屈指の繁盛医院に なったのです。
当時でも、
非常に、まれなこと だったようです。






その他にも、
数多くの エピソードがあります。

植物との 交信や、
空間から金粉がでるなど、霊的な体験も 多いですし、

戦時中の 兵隊生活でも、
いくつもの、奇跡的な出来事を 起こし、

海外旅行のときや、
居住マンションでの、近隣の もめごと解決など、
とにかく、
塩谷さんの、現実創造のパワーは、すごいです。


健康面では、
白内障や、前立腺肥大を 治しておられますし、
ゴルフでも、有名です(著作もあります)




105歳で 逝去されたのも、
ご自分で「105歳まで」と
決められてのことだったようです。







塩谷さんは、
東大で、西洋医学を 学ばれたのですが、
「生命線療法」と いう"手当て療法"を 施し
目に見える治療成果を 出されたことを、とがめられ、
異端・オカルト扱い されて、
一時、研究室からも、破門されました。




幼い頃から、身体が弱く、
さまざまな 健康法を、探究・実践され、
独自の「正心調息法」を 編みだされました。

それを 伝える活動は、なんと、
90歳を 越えてから 始められています。




塩谷さんの 願望達成法は、
正しい心」と「深い呼吸
で 成り立っていますが、
塩谷さんは、
心を 正しく使うことを
とても 大切にされました。

正心」とは、
1.物事を すべて 前向きに考える
2.感謝を 忘れない
3.ぐちを こぼさない

の、3つです。 (納得できます。)





そして、呼吸法が、
調息」と いわれています。

姿勢や、手の組み方(鈴の印)、
息の吸い方・止め方・吐きだし方まで、
とても、具体的です。


呼吸法を、実践する時 いっしょに、
願望達成宣言(想念)と、
願望達成イメージ(内観)をします。






エイブラハムの「引き寄せの法則」とは
ずいぶん、違いますが、

呼吸法と 連動させ、
心のあり方を、とても 大切にする『正心調息法』は、
どこか、日本的なものを 感じる、
大変すばらしい、願望実現法だ と思います。


■その他こんな本も書いておられます。
* 大健康力
* 幸福論
* 大断言―至福への扉をひらく
* 想念力の驚異―科学・メタサイエンス・宇宙無限力

【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 20:00 | [人名 さ行] 塩谷信男さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。