『「引き寄せ」の教科書』: 奥平亜美衣さんのブログ

『「引き寄せ」の教科書』: 奥平亜美衣さんのブログ

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則







2014年1月28日に 発売された
奥平亜美衣さんの
「引き寄せ」の教科書は、

発売当初から、Amazonでも、在庫切れを 起こすなど、
とても 人気があります。
(書籍については、
 後ほど、あらためて 記事にする予定です)










ブログ
『「引き寄せ」の教科書』著者ブログ 人生は思い通り 
を お書きになっており、
(今回 そのブログから 書籍化されました)

読みやすい文章で、
たいへん わかりやすく、明快に 書いておられますので、
惹きつけられる方も多いのではないでしょうか。





 
奥平さんは、
エイブラハムの 一連の 著作の中でも、
サラとソロモン』を お読みになって、
実践を はじめられたようです。





瞑想も 実行され、
ベジタリアンで いらっしゃることから、
霊的にもチューニングしやすい状態でいらした と 思うのですが、

エイブラハムが 伝えてくれた情報を、
日々 忠実に 実行することの パワーを 知らしめ
体現してくださった方だ と 思います。







ブログの 記事でも、
“少しでも「いい気分」に なるため 思考をスライドさせる”事を、
日々、きちんと 実践されている ことがわかり

エイブラハムの
実践 引き寄せの法則』の事を
思いだしました。






『実践 引き寄せの法則』は、
具体的な ケースごとに、
すこしでも、いい気分に なるために
思考をスライドさせていく プロセスを 説明してくれる
好著です。

とても 良い本ですし、わたし自身、大好きなのですが

ベースになる 文化や 言語の 違いがあり、
翻訳という ワンクッションが ありますので、
言葉や、文章表現など、
やや ぎこちなさが あるのは 否めません。


その点、
奥平さんの 文章は、ストレートに 入ってきますし、
やはり わかりやすい。








多くの情報が あふれている 現在、
それに ふりまわされ、
肝心の 実践が
中途半端になることが あると思うのですが、


奥平さんは、
「少しでも いい気分になる」という、
引き寄せの 肝の部分を、きちんと 実践され、
短期間で コツを体得して、結果を出しておられるのが、
素晴らしい と 思います。







たとえば、
「いいことノート」を つけることで、
いまの 現実のなかの「光」の部分に 焦点をあて、
意識のフォーカスを 変化させることや、

望まない現実を 体験し、
ネガティブな 感情や 思考を いだいているときに、
具体的に、どんなふうに 思考をスライドさせていけばよいか、
実体験も ふまえて、
とても わかりやすく 説明しておられます。








わたしの場合は、
HSP(Highly Sensitive Person)であり、
エンパスとして 共感性も 高いため、
自分の意思と うらはらに
無意識のレベルで、
五感で 感じる「現実」に、影響をうけてしまいます。



そのため、
望まない 現実の中にいて、
とくに、願いとのギャップや、刺激が 大きければ大きいほど、
引き寄せの法則的に、
「思考を スライドさせていく」方法 だけでは、
どうしても うまくいかない 領域があり、

ホ・オポノポノや、エンドレスありがとうなどの、
クリーニングの手法を
とりいれるようになった 経緯が あります。





そのため、
個人的には、
エイブラハムや、奥平さんの情報 プラス
クリーニング的な 手法の 併用が、不可欠なのですが、





もしも、
“エイブラハムの 引き寄せの法則の 説明が わかりづらい” とか、
“エイブラハムの情報量が 多すぎる”、
“エイブラハムの 引き寄せの法則は 知っているけれど、
 日常的な 実践のやりかたが よくわからない” etc
と 感じておられる場合、

一度、
奥平さんの ブログや 著書を、
お読みになってみては いかがでしょうか。

きっと、助けになる と 思います。

【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 09:49 | [人名 あ行] 奥平亜美衣さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。