4つの言葉を唱える ホ・オポノポノ への警鐘

真偽の判断は、つきかねるのですが、
やはり、お伝えしておこうと 思います。




原典 ホ・オポノポノ 』と いう本が あります。

また、
もともと、その原著の 購入者への 特典だったようですが、
インターネット上で、
上級セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノ』という、
モルナー・N・シメオナさん/ジェームズ・V・ウィンゴさん連名の
PDF文書も、見ることができます。

(ご存知か と 思いますが、
 シメオナさんは、
 セルフアイデンティティホ・オポノポノの 創始者として
 紹介されてきた方 であり、
 イハレアカラ・ヒューレン博士の 指導者的な方 でもあります。)







そこには、
「四つのフレーズ」を 絶えず 繰り返すことが、
無意識の 心に
否定的プログラミング を することが
明らかに なっています。

と いう、
ショッキングなことが 書かれています。

(例示されている 内容からすると、
 4つの言葉のなかでも、
 「ごめんなさい」「許してください」を 言い続けることに、
 どうも、問題が あるようです)









まだ、ざっと 目を通しただけなので、正確ではありませんが、
『原典ホ・オポノポノ』に よれば、
4つの言葉版の ホ・オポノポノ(仮称)は、
12のステップの 一部だけ 抜粋した 簡易版 であり、

その 功罪について、
一般抗生剤に たとえて、説明されています。


つまり、
抗生物質・抗生剤を 服用すると、
“病原体”に 作用し、効き目を発揮するだけでなく、
“それ以外の 細菌(善いもの)”に まで 作用が及ぶ為、
体内の常在菌の バランスを 崩してしまいますが、

4つの言葉を 繰り返す ホ・オポノポノは、
それと 同じ様な 害をもたらす 危険がある
と いうことのようです。








現在、日本で、ホ・オポノポノといえば、
「セルフ アイデンティティ・ホ・オポノポノ」、

そして、
わたしを含め、多くの方が、
“4つの言葉を繰り返す スタイル”が、
「セルフ アイデンティティ・ホ・オポノポノ」だ
と 認識しておられる と 思いますが、


どうやら、
創始者シメオナさん 直系の 教えの中でも、

ヒューレン博士や KR女史で 知られる 4つの言葉系と、
原典ホ・オポノポノに書かれているものの、
2つの 流れ?が あるようです。


(※ 原典によれば、
 シメオナさんは 共同創始者と されています)








ただ、日本で 認知度が高く、実践者も多いのは、
圧倒的に、
4つの言葉系の ホ・オポノポノの方だ と思いますし、

『原典ホ・オポノポノ』に書かれている内容については、
知らない方の方が、多いのでは ないでしょうか。
(わたしも、知りませんでした)







そもそも
ホ・オポノポノの 魅力 とされてきたのは、

「4つの言葉を 繰り返すだけでよい」と いう、
シンプルな わかりやすさ、実践のしやすさと、
シンプルな 内容でありながら、
物事の 根源的な 解決をもたらせる、と いう点にあり、

その強い インパクトによって、
多くの人に、受け入れられてきたのだと 思います。








それと 比べた場合、
『原典ホ・オポノポノ』は、
ホ・オポノポノを含む ハワイ伝承の秘術が 紹介されている為、
もともとの 呪術の雰囲気や、
宗教的な ニュアンスも けっこう感じられますので、
あまり、読みやすい とは いえませんし、
万人向けする とは 言いにくいものが あります。



もしも、
ホ・オポノポノとして、
『原典ホ・オポノポノ』のアプローチから、示されたなら、

おそらく、
実践しようと思う人自体、少なかったでしょうし、
ここまで 広く ホ・オポノポノが 認知されることも、
なかったのではないか と 思います。









ですが、
もし、
『原典ホ・オポノポノ』に 書かれている指摘が
事実で あるとするなら、

現在の 日本の ホ・オポノポノは、
適切なフォローをせず、間口だけ広げている といえ、

まじめに取り組む 多くの人を 危険ににさらす、
片手落ちの状態、といわざるをません。








これまで 発行されている
4つの言葉系の ホ・オポノポノの 書籍には、

『原典ホ・オポノポノ』で 指摘されている 危険性や、
対処・回避方法 とされる、「12のステップ」について、
触れられていなかった と 思います。




「12のステップ」は、
ホ・オポノポノのクラスを 受講すれば、教わるようですが、

ベーシッククラスの新規受講 80000円と、
けっこう 高額ですし、
誰もが、かんたんに 受講できるとも 思えませんので、

クラスは 受講せずに、
書籍の情報をたよりに、個々に 実践している方のほうが、
はるかに多いと 思います。

そして、
クラスの 受講者は
内容を 公にしてはならない、と されているため、
受講しなければ 知りえないという、
閉じた 仕組み に なっています。








呪術・秘術 であるがゆえの 事情が あるのかもしれませんが、
簡単・シンプルを、前面にだし、
多くの人の 目に触れる形で、複数の書籍を発行している以上、

もし、創始者である シメオナさん ご自身が、
すでに、
4つの言葉を 繰り返し唱えることの 危険性を
熟知しておられた と するなら、


クラス受講者だけへの、
閉じた 情報公開でなく、

書籍でも、
きちんと 危険性を 明らかにし、
回避方法 対処方法も 公開する 義務が あるのではないか
と 思います。

(害をうけるほど、真剣に熱心に 実行する人なら、
 クラスも 受講するはず、との 判断があったのでしょうか?)








わたし自身は、
当初、「I love you/ 愛しています」から 始めて、
その後も、ほぼ「ありがとう」だけを、言い続けており、
もともと、
4つの言葉すべては、言いつづけていませんでした。



それは、
「ありがとう」or「愛しています」には、
4つの言葉が含まれるという 説明があったからですが、

そもそも、
「ごめんなさい」「許してください」
と いう言葉を 繰り返すと
どうも、気持ちが下がり、気分がよくないので、
言い続けたいとは 感じられなかったからです。








『原典ホ・オポノポノ』の指摘が 事実かどうかは、
判断が つきかねますし、

「ありがとう」「愛しています」を 繰り返すことにも
マイナス面が あるのかどうか、わかりませんが、


すくなくとも、
「ごめんなさい」「許してください」を 繰り返すと、
無意識の心に 否定的プログラミングを する、
と いう部分は、
感覚的に、うなずけるところが あります。

(それゆえに、
 4つの言葉系 ホ・オポノポノの 書籍でも、
 「ありがとう」or「愛しています」だけで 良い、
 と 書かれていたのかもしれないな、とも 思いました)









個人的には、今回、
「自分の 感じる気持ち・感覚」を
信頼することの 大切さを、再認識する とともに、

正直、
ホ・オポノポノや、
現在の 日本での ホ・オポノポノの 広め方や、
運営のされ方に 対して、
商業主義優先ではないか と いう思いが 強まり、
信頼感が うすれてしまったのは 事実です。







また、
ホ・オポノポノが、
元々、ハワイ伝承の“呪術・秘術”で ある
と いう事についても、
再考させられました。







もし、4つの言葉すべてを 唱え続けて、
思わしくない状況や、感情を 体験されている場合は、
一度、『原典 ホ・オポノポノ 』に書かれている内容を、お読みになり、

ご自身の 感覚で、
当否を チェックし、判断されることを 
おすすめします。

【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 23:17 | ■ホ・オポノポノ ホ・オポノポノについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

クリーニング のことなど

クリーニングのことなど
〜すべては、自分を愛する、ということなのかも

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則










ホ・オポノポノ関連の記事を 続けて 書いたあと、
記事更新を お休みしていましたが、

現在の 私は、
ホ・オポノポノからは、
やや フェイド・アウトしています(苦笑)




ブルーソーラーウォーターは
本数を増やして 愛用しており、
「ありがとう」も、自然に、繰り返していますが、

「24時間、可能なかぎり クリーニングする」
と いう思いは 手放しました。





方法論に ついても、
原点回帰 と いうか、

ホ・オポノポノの枠組みには こだわらず、
エンドレスありがとう を ベースに、
安田隆さんや、あまちゆうとさんの方法など、
そのとき、一番、ぴったりするやり方で、実行しています。



また、
引き寄せの法則的に、
「感じている気分」も、バロメーターとして 大切にし、
こうありたい、という意図も、はっきりさせています。











ホ・オポノポノを 徹底する方向に いかなかったのは、
ひとつには、
少々、疲れ気味の 自分に 気がついたからです。



”つねに、ウニヒピリと 対話し、ケアしなければ” とか
”毎瞬、クリーニング しつづけなければ”
”期待や 執着も、クリーニングしなければ”、などと、
気を張って 自分を チェックしていたようで 、
(それらの思いも又 クリーニングしなければ、
 という 無限のループ)



ふと、我にかえると、
神経が ぴりぴりして 心が安らげず、

ほのぼのした 幸せ感や、楽しい気持ちを
忘れてしまっている事に
気がついたのです。










わたしは、
仕事など、没頭 集中していると、
つい、クリーニングのことを忘れて、
ぱっと 行動してしまうことも 多く、
 

ホ・オポノポノで 推奨されているような形での、
ウニヒピリのケアは、
なかなか、持続できませんでした。
(ウニヒピリに クリーニングを教えて
 実行 してもらうことにより、
 24時間 クリーニングが 可能になる、
 という意味のことも 書かれているのですが、
 手応えというか、
 できているのか いないのか
 わたしの場合、どうも よくわかりませんでした)






そうすると、
だんだん、
うっすらとした 自分を責める気持ちが つみ重なるというか、
それを、クリーニングしても
どうしても 気持ちが 重くなっていきました。



ぱっとしない気分を 感じていたためか、
現実も、なにやら、停滞しはじめ、
望まないことも、いろいろ起こりました。










ホ・オポノポノは
真実の方法だ と思っていますが、
唯一の 正しい方法 というわけでは ありませんので、

とりあえずは、
いったん ホ・オポノポノ的な概念を 手放し、

なんとなく 心ひかれて 手が伸びた、
安田隆さんの 何冊かの 本や、
リン・グラブホーンさんの
「気分」の力で人生うまくいく!』等を、
読みかえしては、
実践していました。

(安田隆さん といえば、
波動干渉と波動共鳴』を、ご存知の方も 多いと思います。

それ以外にも、何冊か 出されているのですが、
一見、手軽な ハウツー本的な 体裁・タイトルで
軽いタッチで、書かれているものが 多い為、
内容の 良さが、見えづらいのですが、

簡単にできて、効果もある方法が、
おしげもなく 公開されている 隠れたすごわざ本です。)











安田隆さんの、
波動を、身体感覚に 変換するやり方を 使ったり、

リン・グラブホーンさんの本を読み返し、
「いい気分」でいることの 大切さを、
あらためて、実感しながら、

楽しく うきうきする 気持ちを 感じられるよう、
工夫をしていく中で、
はやばやと、
現実も、楽しいものに 転換しはじめました。










温かな 陽射しの中で、
ぼーっと、くつろいで、リラックスしていると、

自分の心の動きや、思いが、くっきり見えて、
いろいろなことに、気づきました。





たとえば、
・いやな出来事を体験したり、心地悪い感情をいだくと、
 それらを嫌い、見ないようにして、
 ふり払うように、
 クリーニングしがちだったこと。




・クリーニングをつづけていくうちに、
 言葉を 唱えれば唱えるほど、
 クリーニングに 執着してしまう、というか、

 クリーニングに 頼ってしまう 反面、
「これだけ クリーニングを しているのだから」
 と いうような思いが でてきていたこと。





・クリーニングすることが、
 いつしか、義務のようになり、
 頑張って 無理をして、
 自分を 縛って 苦しくなり、
 楽しさを、おいやってしまっていたこと etc。










でも、
ぼーっとしながら、
何も考えず、静かに ゆっくり、呼吸し、
感じているものに、ただ 意識をむけていると、

その感じているものや、自分自身に対して、
理解というか、
見守るような感じというか、受容というか、
なにか、あたたかな気持が 生まれて、

それだけで、
それらは、消えていきました。








“ひょっとして、
クリーニングとは、
究極の 意味では、
自分に「愛をそそぐ」こと〜 自分を愛すること、
では ないか。”

また、
“ホ・オポノポノの本では、
「ウニヒピリとの関係が うまくいかなければ、
クリーニングは 完結しない」
と いう趣旨のことが 書かれているけれど、

「ウニヒピリのケア」として、
ホ・オポノポノのセオリー通り やらなくとも、
同じ 結果を もたらせるのではないか”、

〜 そんな風に 思えたのです。









さらに、
自覚していた以上に、
自分を責めたり 疑っている事にも 気づいて、
おどろきました。


何かを 選択するときや、判断するとき、
感情を抱くときetc、

とにかく、
ありと あらゆる瞬間に、
無意識レベルで、瞬間的に、
自分に対する 批判や 疑いがよぎっており、


それによって、
エネルギーが しぼむので、

自覚したときには、
「気持ちがしずんで、落ち込んでいる」状態に
なっていたことも、わかりました。










考えてみれば、
ホ・オポノポノ を含め、
クリーニング(クリアリング)には、
”完結・終了”は ありません。

どれだけ 熱心に、
長い年月 クリーニングを 続けたとしても、
生きている以上、
日々、あらたな 情報も、増え続けるわけですし、

個人の記憶 だけでなく、人類共通の記憶 まで考えたら、
「一点の曇りもなく すべてがクリアになる」日は
たぶん、永遠に 来ないのだ と思います。




元々、わたしは、
世界の平和、人類の進化のためというような
崇高な 志をもって
クリーニングを はじめたわけではなく、

単純に、幸せになりたくて、
のぞむ 現実創造を 邪魔する、
自分の中のブロックを クリアにしたくて
はじめました。


ある程度 続けてきた 今 現在でも、
正直、
ヒューレン博士のように、
「クリーニングの為に 生きる」ことは
できそうにありません。






いずれにしても、
生涯 続ける 必要があるもの なら、
できない時があっても、自分を責めず、
自分のペースで、
無理せず、楽しく 続けられそうなやりかたで やろう、
と 思うように なりました。



そんなこんなで、
現在は、
感じている『気持』に、注意を払い、
「わけもなく、幸せな気持ちを感じる」瞬間を、
大切にしながら、
「引き寄せ」プラス、
いろいろな やりかたで クリーニングを しています。




「わけもなく、幸せな気持ちを感じられる」状態、
というのが、
やはり、かなり、重要な気が します。


【スポンサードリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 07:51 | ■自分を愛する・自分を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|

『「引き寄せ」の教科書』: 奥平亜美衣さんのブログ

『「引き寄せ」の教科書』: 奥平亜美衣さんのブログ

応援クリックありがとうございます。
かわいい 人気ブログランキングへ
かわいい にほんブログ村 引き寄せの法則







2014年1月28日に 発売された
奥平亜美衣さんの
「引き寄せ」の教科書は、

発売当初から、Amazonでも、在庫切れを 起こすなど、
とても 人気があります。
(書籍については、
 後ほど、あらためて 記事にする予定です)










ブログ
『「引き寄せ」の教科書』著者ブログ 人生は思い通り 
を お書きになっており、
(今回 そのブログから 書籍化されました)

読みやすい文章で、
たいへん わかりやすく、明快に 書いておられますので、
惹きつけられる方も多いのではないでしょうか。





 
奥平さんは、
エイブラハムの 一連の 著作の中でも、
サラとソロモン』を お読みになって、
実践を はじめられたようです。





瞑想も 実行され、
ベジタリアンで いらっしゃることから、
霊的にもチューニングしやすい状態でいらした と 思うのですが、

エイブラハムが 伝えてくれた情報を、
日々 忠実に 実行することの パワーを 知らしめ
体現してくださった方だ と 思います。







ブログの 記事でも、
“少しでも「いい気分」に なるため 思考をスライドさせる”事を、
日々、きちんと 実践されている ことがわかり

エイブラハムの
実践 引き寄せの法則』の事を
思いだしました。






『実践 引き寄せの法則』は、
具体的な ケースごとに、
すこしでも、いい気分に なるために
思考をスライドさせていく プロセスを 説明してくれる
好著です。

とても 良い本ですし、わたし自身、大好きなのですが

ベースになる 文化や 言語の 違いがあり、
翻訳という ワンクッションが ありますので、
言葉や、文章表現など、
やや ぎこちなさが あるのは 否めません。


その点、
奥平さんの 文章は、ストレートに 入ってきますし、
やはり わかりやすい。








多くの情報が あふれている 現在、
それに ふりまわされ、
肝心の 実践が
中途半端になることが あると思うのですが、


奥平さんは、
「少しでも いい気分になる」という、
引き寄せの 肝の部分を、きちんと 実践され、
短期間で コツを体得して、結果を出しておられるのが、
素晴らしい と 思います。







たとえば、
「いいことノート」を つけることで、
いまの 現実のなかの「光」の部分に 焦点をあて、
意識のフォーカスを 変化させることや、

望まない現実を 体験し、
ネガティブな 感情や 思考を いだいているときに、
具体的に、どんなふうに 思考をスライドさせていけばよいか、
実体験も ふまえて、
とても わかりやすく 説明しておられます。








わたしの場合は、
HSP(Highly Sensitive Person)であり、
エンパスとして 共感性も 高いため、
自分の意思と うらはらに
無意識のレベルで、
五感で 感じる「現実」に、影響をうけてしまいます。



そのため、
望まない 現実の中にいて、
とくに、願いとのギャップや、刺激が 大きければ大きいほど、
引き寄せの法則的に、
「思考を スライドさせていく」方法 だけでは、
どうしても うまくいかない 領域があり、

ホ・オポノポノや、エンドレスありがとうなどの、
クリーニングの手法を
とりいれるようになった 経緯が あります。





そのため、
個人的には、
エイブラハムや、奥平さんの情報 プラス
クリーニング的な 手法の 併用が、不可欠なのですが、





もしも、
“エイブラハムの 引き寄せの法則の 説明が わかりづらい” とか、
“エイブラハムの情報量が 多すぎる”、
“エイブラハムの 引き寄せの法則は 知っているけれど、
 日常的な 実践のやりかたが よくわからない” etc
と 感じておられる場合、

一度、
奥平さんの ブログや 著書を、
お読みになってみては いかがでしょうか。

きっと、助けになる と 思います。

【スポンサーリンク】


引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つことTOPページ
posted by となりのポン太 at 09:49 | [人名 あ行] 奥平亜美衣さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。